読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢者の乱用をもし媚薬インポテンツ

しかし老人はきっと慎重に媚薬を服用して、量を過ごすことができないことをしっかり覚えてください。一方、老人は高血圧、心脳血管の病気、糖尿病などの基礎の疾病があって、過度に服用して悪い結果をもたらす;一方、老人の臓器機能は減退して、薬物は体内の交替が遅く、体内で貯蓄するのは長くて、薬物効果は強く、過度に服用たら副作用を大いに増加させます。

現在の“媚薬”は大体3種類に分けます:一つは性機能障害の治療に目的とした薬物;もう一つは陰を滋養して、体を強壮して、人体の陰陽の平衡が重視した強壮薬です。もう一つのは興奮を引き上げ、性活動を刺激し、性反応を強める薬物です。

一般に“媚”の薬は大体暖かくて、焦るのを引きやすい、腎臓の陽気が欠ける人なら、医者の指導のもとで正しく適切に服用するほかありません、そうすると減退した性機能をある程度に回復する可能性がある。陰が虚弱者が服用したら各種の弊害が現れるおそれがあります。

バイアグラ”は更に多い副作用があって、50歳以上のインポテンツの患者はたいてい血管心臓障害、糖尿病などの疾病を持っていて、“バイアグラ”を服用した後、本当の病状を覆い隠します恐れがあります。そのため、血管心臓障害を持っている患者は必ず“バイアグラ”を慎重に使うほうがいい、そうしないと心臓病を誘発し、あるいは脳卒中を招く恐れがあります。

そのため、老人は“性”を養って次通りの原則に従うべきです:1つは強要しないでください、人によって違って、自然に任せます;二つは焦らないでください、ゆっくりと来て、できるだけ性生活に調和がとれさせて、たとえ失敗しますとしても、がっかりする必要がない;3はわざと中断しないでくださいです。4は心理需要を求めて、キス、抱擁、腹を割って話すことを採択して直接ではない性交の方法を取ります。

老人は自分の体が若い人の体に及ばないのをよく知ていて、だから性生活は制限して、もし本当に駄目ならば、自然に任せます。